ヘリウム循環装置の計測・制御システム

  Print Print

"グラフィカルなプログラミングは直感的な理解がしやすく、開発が容易であった。6ヶ月程でこのシステムを開発できたことがそれを実証している。 "

- 岡本 雅美 氏, 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 武田常広研究室

The Challenge:
HCSは高圧ガスを扱うシステムであり、不具合があると爆発等の危険が生じる恐れがある。その為それの計測・制御システムには、長期間の安定動作が要求される。また、システム運用時にはソフトウェアの専門知識を必要とせず、容易に操作できる事が必要である。

The Solution:
LabVIEW Real-Time と Compact FieldPoint の組み合わせで安定したリアルタイムシステムを容易に構築できることが実証された。リモートモニタ機能を持ったリアルタイムシステムの構築方法として、一つの雛形を示すことができたと思う。

Author(s):
岡本 雅美 氏 - 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 武田常広研究室

【背景】
近年、脳磁場計測装置(MEG)による脳の研究、診断が盛んになってきている。MEG の超伝導磁場センサは、液体ヘリウムで約-270℃に保つ必要があり、MEG を1年間稼働させると、液体ヘリウム使用量は数千リットルにもなり、ヘリウムの頻繁な移送作業の負担も大きい。現状では、ランニングコストが年間1000万円以上かかっており、MEG の普及を妨げる一因ともなっている。我々の研究室では、コスト削減とメンテナンス作業の低減のために、小型冷凍機を用いた MEG 用のヘリウム循環装置を開発してきた。

脳磁場計測装置のヘリウム循環構成


【課題】
通常、ヘリウム循環装置(HCS)は数ヶ月以上連続で稼働させる。HCS は高圧ガスを扱うシステムであり、計測・制御システムに不具合があると、爆発等の危険が生じる恐れがある。したがって、HCS の計測・制御システムには、長期間の安定動作が要求される。現在、HCS は開発段階であり、システム構成がまだ確定していない。このため、計測・制御ソフトは仕様変更に柔軟に対応できることが必要である。また、装置側の開発に相当な時間がかかるため、ソフトウェアの開発にかける工数はできる限り押さえたい。システム運用時は、ヘリウム循環装置を全く知らない脳磁計の専門家がシステムを操作する。よって、ソフトウェアの専門知識を必要とせず、容易に操作できることが必要である。また、本システムは将来的に製品化を目指しており、遠隔地において装置の状況を監視し、不具合時に操作者をサポートできることが望ましい。

主要課題
・長期安定動作
・ソフトウェア開発の容易さ
・仕様変更への対応の容易さ
・ソフトウェア操作の容易さ
・リモート監視機能
・装置のコンパクト化

ソリューション】

要求仕様
・周期的計測・制御 - 1秒毎の圧力測定/電磁バルブの制御、20秒毎の温度/流量/液量等の測定
・リモートモニタ - 測定データのメールでの自動送信、および、FTP での自動転送

これまで、HCS の1号機システムでは PC上で動作する計測・制御システムを C 言語を用いて作成していた。PC には不安定要因が多く、ソフトウェアも基本的な機能は満たしていたが、機能追加や頻繁な仕様変更への対応が困難であった。今回、HCS の2号機の開発にあたり、計測・制御システムの実装方法を再検討した。システムの安定動作のために、プラットフォームには Compact FieldPoint を採用し、ソフトウェア開発には、開発の容易さ、仕様変更への柔軟さなどから LabVIEW を用いることにした。

①コントローラ
 Compact FieldPoint cFP-2020 1個
 ADC モジュール cFP-AI-110 1個
 リレーモジュール   cFP-RLY-421 2個

②開発用ソフトウェア
 LabVIEW Real-Time
 インターネットツールキット   FTP機能を使用

3-1. システム構成

◆外部機器
温度は、温度計ユニット Model 218 (LakeShore)を2台用い16ャンネルの計測をする。インターフェースは RS-232C である。圧力は、圧力計のアナログ出力を ADC モジュールで取得する。液面は液面計 Model 135(AMI)を用い RS-232C でデータを取得する。流量制御は、マスフローコントローラ CMQ (山武)を2台用いる。インターフェースは RS-485である。

◆ソフトウェア構成
計測・制御は Compact FieldPoint上で走る cFP メインソフトで行う。その操作はウェブ上で走る制御パネルソフトで行う。測定データは状態モニタソフトにてグラフ表示される。データファイルは FTP にて自動送信される。また、指定時間ごとに測定データがメール送信される。

①Compact FieldPoint コントローラ (cFP メインソフト)
 計測・制御システムの中核となるソフトウェアである。

②モニタ用 PC (状態モニタソフト)
 TCP 通信でデータを取得し、システムの状況をモニタする。計測データのグラフ表示などを行う。主にシステムの開発時に使用し、システムの運用には必ずしも必要ない。

③モニタ用 PC (制御パネルソフト)
 リモートパネル通信を用いてウェブ上で計測・制御ソフトの操作を行う。 これにより、操作ミスにて cFP メインソフトを停止させてしまうことを防止できる。

④ファイル保存用 PC (FTPサーバ)
 この PC に cFP メインソフトウェアがFTPで1日に1回ファイルを自動送信する。

⑤開発用 PC (cFPメインソフト)
 プログラムの開発、ダウンロード等を行う。ダウンロード後はフロントパネル通信によるモニタ・制御を行う。
※開発用 PC、モニタ用 PC、ファイル保存用 PC を分けることは必須ではなく、同じ PC であっても良い。


計測・制御ソフトの構成



結果】

◆開発期間
開発手順は、まず1号機にて LabVIEW の学習をかねてプロトタイプ的に機能限定版を作成し、その後、2号機でフルスペック版を開発する方法をとった。開発期間は、担当者1人でほぼ6ヶ月であった。ただし、この期間においても半分ほどの工数はソフトウェア開発以外の作業を行っていた。ソフトウェア開発に専念したとすれば、3ヶ月程で完成したと思われる。

 2005/10~11  LabVIEWの導入、1号機用システムを作成。2号機の仕様検討。
 2006/04~05  2号機用システムの基本機能の作成
 2006/08~09  2号機用システムの機能の作り込み

◆長期安定動作
1号機システムは、これまでに半年以上稼働しており、Compact FieldPoint を用いたシステムが長期間安定動作することを実証できた。

◆ソフトウェア開発の容易さ
グラフィカルなプログラミングは直感的な理解がしやすく、開発が容易であった。6ヶ月程でこのシステムを開発できたことがそれを実証している。

サポートの充実
サポートプログラムが充実しており、不明な点で開発が停滞することなく迅速に解決できた。少人数にて開発する場合は十分なサポートがあることが必須の項目といえよう。

ライブラリによる開発効率アップ
FTP によるファイル送信、メール自動送信などの機能は、付属ライブラリを用いたので、非常に簡単に実装できた。これらのプログラムを1から作っていたのでは、相当な日数がかかったはずであるが、それぞれ1日程度で動かすことができた。

◆仕様変更への対応の容易さ
LabVIEW ではサブ VI を呼び出すことにより階層化できるが、通常、そのインターフェースは信号線で表記されるので、自然と独立性の高いサブ VI となる。したがって、サブ VI の再利用が容易であり、プログラムの変更が簡単に行えた。また、グラフィカルなプログラミングなため、プログラムの解読がしやすい点も、プログラムの修正作業において有効だった。

◆操作の容易さ
制御パネルソフトは、ウェブ上でパネルを操作することができ、新たなソフトウェアの操作を覚える必要がない。また、状態モニタソフトではプロセス図に測定値が表示されるため、状態を直感的に理解することができる。


リモートパネルによる操作画面




TCP 通信による状態モニタの画面



◆リモート監視機能
定期的に測定データをメール送信、または、FTP 送信する機能を実装した。これにより、インターネットを通して、装置の状態を監視することが可能となった。

◆装置のコンパクト化
Compact FieldPoint は片手で持てる程の大きさで、制御部のサイズを非常にコンパクトにまとめることができた。ヘリウム循環装置を置くスペースは必ずしも確保されているわけではなく、省スペース化は重要なポイントである。

◆コスト削減
本システムでは信頼性の高いハードウェアを選択する必要があった。Compact FieldPoint を採用することで、安価に信頼性の高いハードウェアを導入できた。また、ソフトウェア開発では、LabVIEW を採用したことにより、短期間でシステムを構築できた。他の言語開発に較べ作業工数が半分以下になったのではないかと推測する。


まとめ】
今回の開発において、LabVIEW Real-Time と Compact FieldPoint の組み合わせで安定したリアルタイムシステムを容易に構築できることが実証された。リモートモニタ機能を持ったリアルタイムシステムの構築方法として、一つの雛形を示すことができたと思う。

今後は、LabVIEW の機能追加の容易さを生かし、安定性と機能追加の両立をはかりながら、システムを洗練させていく予定である。

Author Information:
岡本 雅美 氏
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 武田常広研究室
Japan

Bookmark and Share


Explore the NI Developer Community

Discover and collaborate on the latest example code and tutorials with a worldwide community of engineers and scientists.

‌Check‌ out‌ the‌ NI‌ Community


Who is National Instruments?

National Instruments provides a graphical system design platform for test, control, and embedded design applications that is transforming the way engineers and scientists design, prototype, and deploy systems.

‌Learn‌ more‌ about‌ NI